水虫は日本人の5人に1人が感染していると言われています。水虫には何種類かあり症状が軽くすむ症状や爪にまで及ぶ重い水虫があります。感染しないためにも日頃から足を清潔に保ちましょう。水虫は人から人へうつる感染症です。

きれいな脚
  • ホーム
  • 水虫と爪水虫の違いと症状

水虫と爪水虫の違いと症状

きれいな脚

感染したら家族などの誰かにうつしてしまうかもしれないということで脅威を感じていることが多い水虫ですが、爪に出来るばあいもあります。
同じ水虫であることには変わらないのですが、爪にも出来てしまった場合はさらに治療に時間がかかるだけでなく、他の人にも感染させやすくなってしまうので注意が必要です。
爪が足などと同じように白癬菌に感染している状態ですが、特に感染しやすいのは親指です。
症状としては、爪が厚くなってきて白くにごっていたり、表面が崩れてぼろぼろになったり筋が出来てしまったりもします。

初期症状はそれほどでもないのですが、感染が進むと炎症を起こして靴を履くときなどにも痛みを感じたりするほどです。
あまりにも痛みが酷い時などはもしかしたら感染しているかもしれないと疑って、早めに病院の受診をしましょう。
症状がどんどん進んでいくと、爪の色がにごったりするだけではなくて、形も変形してしまいます。
最初は例えば親指だけに感染していた水虫も、他の指の爪にも感染していきますし、さらには家族など他の人の水虫への感染源となってしまいます。
空気感染をすることはないのですが、足や爪が触れるようなスリッパやバスマットなど湿っているようなものを共有することでうつってしまう可能性があります。

自分自身の場合でも、爪から他の部位に転移してしまうこともありますから、市販の治療薬などを使う人も多いのですが、それで様子を見ていてもあまり効果がないと思う事もあるかもしれません。
早めに症状を感じたら病院に行って相談をしてみましょう。
治療にも時間がかかると言われていますから、ちょっとした症状を感知して自分や他の人のためにも治療を行って下さい。