水虫は日本人の5人に1人が感染していると言われています。水虫には何種類かあり症状が軽くすむ症状や爪にまで及ぶ重い水虫があります。感染しないためにも日頃から足を清潔に保ちましょう。水虫は人から人へうつる感染症です。

きれいな脚
  • ホーム
  • 感染して治りずらい水虫とは

感染して治りずらい水虫とは

運動している女性

水虫の中でも特に感染しやしく治りにくいのは爪白癬です。
爪水虫とも言われているのですが、通常とは違い爪が白く濁ったり黄色くなるなどの症状が出ます。
さらにボロボロになり崩れやすくなるのも特徴です。
これは白癬菌が爪に入った事で起こるのですが爪には沢山の白癬菌が貯蔵されており爪切りをしたり爪をいじってカスをまき散らすことによって他の家族に感染させるリスクが生じるのです。
さらにこの白癬菌は爪だけにとどまらず他の部分にも感染を引き起こし弊害をもたらしてしまいます。
ですので早いうちに完治させてしまわなければいけません。
ただ非常に直りにくいのも爪水虫の特徴でもあります。
何故治りにくいのかと言うと、そもそも自覚症状が無いのが原因です。
指と指の間にできる水虫の場合はかゆみを伴ったり水ぶくれができますのですぐにわかります治療できます。
しかし爪の場合はそのような症状がないので進行しやすいのです。

さらに水虫の治療薬を使っても浸透しにくいのも治りにくい原因です。
爪の分厚さにより薬が入りません。
ですので治療するときには塗り薬ではなく内服薬を使うのが一般的です。
しかしあくまでも他の水虫に比べて治りにくいというだけのことであり決して完治しないわけではありません。
飲み薬も最近ではかなり治療効果が高まっていますので適格に飲んでさえいれば完治できます。
内服薬にはイトリゾールがあります。
イトリゾールは連続で服用しなくても効果が残ることができ、副作用が少ないとされています。
もしも最近爪が分厚い、ボロボロになる、白く濁るなどの症状を感じた時にはすぐにでも皮膚科でみてもらうようにしましょう。
まだ初期の段階ですと治療しやすくなりますし治療費も安くつきます。
他の部位に感染する危険もゼロにできますので恥ずかしくても勇気を持って皮膚科に相談しましょう。