水虫は日本人の5人に1人が感染していると言われています。水虫には何種類かあり症状が軽くすむ症状や爪にまで及ぶ重い水虫があります。感染しないためにも日頃から足を清潔に保ちましょう。水虫は人から人へうつる感染症です。

きれいな脚
公開履歴
きれいな脚

水虫は感染した部位によって種類分けできます。
一般的な水虫を指し、感染者が最も多いのが足に感染したものです。
爪水虫は、医学用語では爪白癬と言います。
白癬菌は爪に感染したもので、日本では10人に1人、およそ1200万人が該当します。
完治させるのが最も難しいです。
趾間型は、足指の間にできます。
感染者が多く強い痒みがあり、皮膚はジュクジュクします。
悪化すると皮膚が赤くむけたり腫れたりします。

小水疱型は土踏まずや足の側面など皮膚が厚い部分で見られます。
透明で粘り気のある液体が小さな水疱に入っており、激しい痒みを感じます。
角質増殖型は、かかとを中心とした足の裏にできます。
かかとが硬くなって白くなったりあかぎれやひび割れのようになったりと、皮膚が剥ける症状が中心です。
痒みなどの症状はありません。

頭にできた水虫は、頭部白癬といいシラクモと呼ぶこともあります。
頭部の湿度と温度が上昇することが原因なので、帽子やヘルメットをよく着用する人が感染しやすいです。
また子供が部分的に脱毛している場合も、白癬菌が原因である可能性が高いです。
白癬菌が頭皮の毛穴に入り込むと、炎症が起きて抜け毛が増えます。
子供だけでなく高齢の女性でも注意が必要です。

人から人へも感染しますが、ペットから白癬菌を移されるケースも見られます。
痒みはありませんが毛穴は赤く腫れて毛を少し引っ張るだけで簡単に抜け落ちてしまいます。
手白癬は足の水虫と比べて滅多に感染しませんが、湿疹や手荒れとして現れることがあります。
ゼニタムシは体に白癬菌が繁殖することで発症します。
形が銭に似ていることが呼び方の由来です。
白癬菌が陰部で感染すればインキンタムシとなります。
股部や陰嚢、お尻などで繁殖し、若い男性が感染しやすいです。